FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




姫沙羅の花

先日、新聞の夏椿の記事を読んで、
無性に気になりました。

夏椿という花は、
作者不明?の「平家物語」の冒頭の、
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす」の中の
沙羅双樹という聖なる木の代わりとして、
日本ではお寺等で花椿を植えたそうです。
それが、沙羅として広まったとか。

そんな夏椿の沙羅という響きに心地よさを感じます。
気にしたことが無かったけれど、
朝咲いて1日で落ちるはかない花だそうです。
散策して出合ったのは、
花椿より小ぶりの花がさく姫沙羅ヒメシャラ)。


ヒメシャラ



姫沙羅



ヒメシャラ




写真を撮っている間にポツンと音を立てて、
花が落ちてきました。
本当にはかない。。それゆえに、
精いっぱい咲いて鮮やかな色が引き立ちます 


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。